2021/4/20 読了  成毛眞「情報の「捨て方」 知的生産、私の方法 」(角川新書)

2021/4/20 読了  成毛眞「情報の「捨て方」 知的生産、私の方法 」(角川新書)

 

f.2021/4/20(2nd)
f.2015/5/13
p.2015/5/9
★4

序章 「情報とは一体何か」―バカを相手にしないための手段として
1章 情報を「入手する」―24時間浴びる、しかしルートは絞る
2章 情報を「見極める」―「どうせウソだよね」という思考習慣
3章 情報の「非整理術」―整理に追われて1日を終える人々
4章 情報を「噛み砕く」―解釈する力のない者は敗れる
5章 情報を「生み出す」―受け取るだけの人間になるな
6章 情報を「活用する」―面白い生き方をしたいなら
特別章 成毛眞「情報」個人史

 

【ポイント】

1.情報のS/N(シグナル・ノイズ)比を上げる
 では、情報に使われる人を脱し、情報を使う人になるにはどうしたらいいか。
 まずはすでに述べたように、触れる情報の内容を、質のいいものだけに絞ることです。自分でS/N比を上げるのです。不要なものには触れないこと、触れてしまったら捨てることです。1日中情報を追い求めるなど愚の骨頂。そんなことをする時間があるくらいなら、ほかの知的なこと、生産的なことをしたほうがずっといい。

2.自分に意外性を持たせる
国内のオフィスでデスクワークに従事している人は、アフリカ経済や永久凍土の溶解などについて知ったほうがいいし、逆に、海外出張の多いビジネスマンは、海外の雑誌を読むよりもむしろ、歌舞伎や能など、日本文化のディープなところにどっぷり浸かるのがいいと私は思います。
 自分に意外性を持たせることを意識するといってもいいかもしれません。自分の勤務先や肩書きとは、最も縁遠そうなところを攻めてみてはどうでしょうか。
 そのギャップは人に「面白い人」というイメージを植え付けます。面白い人には面白い人が吸い寄せられ、そこでは面白い情報交換がされます。自分を面白い人にすることも、貫重な情報を入手するためのひとつの方法なのです。

3.岐路に立たされたら「あの人だったら」を妄想する
このときの「あの人」は身近な上司や親ではありません。雲の上の存在と言われるような人たちです。
 たとえば、坂本龍馬だったら、スティーブ・ジョブズだったら、マザー・テレサだったらどうするか。
 そうやって妄想すると、「あ、これはないな」と選ぶべきでない選択肢が消えていきムダな情報をかき集めて思考することもなくなり、正しい決断が下せるものです。思い浮かべる雲の上の存在は、シーンごとに違っていて構いません。とにかく雲の上のそのまた上にいるような人になりきって考えます。
 松下幸之助は、中国企業からのへッドハンティングに応じたでしょうか。答えは明白なはずです。

4.自分の情報をアウトプットして反応を待つ
 自分の持っている情報の価値に気づかないことは、よくあることなのです。その業界や社内では当たり前のことでも、一歩外に出ると驚愕されることはいくらでもあります。驚かれるということは、貴重な情報ということにほかなりません。
 では、自分がそうと気づかずに持っている情報の価値は、どうやったら確かめられるのか。答えは簡単です。できるだけ広く、遠くに届くようにアウトプットし、反応を待つのです。

5.教養の有無で、得た情報の活用範囲が異なる
同じ仕事をしている人たちの間で、得られる情報の量に大差がつくことはありません。しかし、その人に教養があるかないかで、得た情報の活用範囲はまったく異なります。
 教養があれば、得た情報が、自分の持っている教養の何に「似ているか」がわかります。何と「相性がいいか」がわかります。何と「組み合わせたら面白いか」がわかります。この"何と"を多く持っていれば持っているほど、その人はアイデアを多く生み出せるわけです。

★ point!★

新聞を読むな。BSテレビを観ろ。

メモは「太赤マジック」で取れ。

SNS上のバカは即刻「ブロックしてよし」―人生もビジネスも、どう“情報を捨てるか”で質が決まる。

「良い情報を探す」前に、疑い、見極め、そうして活かせ。

人、街、テレビ、ネット、スマホ…本当の知的生産をするための、「情報活用」以前の教科書。

 

 

2021/4/8 読了 斎藤美奈子「日本の同時代小説 」(岩波新書)

2021/4/8 読了 斎藤美奈子「日本の同時代小説 」(岩波新書)

★5 

発売日 : 2018-11-20
f.2021/4/8
p.2018/11/26

from Amazon site

 内容紹介

メディア環境の急速な進化、世界情勢の転変、格差社会の深刻化、そして戦争に大震災──。創作の足元にある社会が激変を重ねたこの50年。「大文字の文学の終焉」が言われる中にも、新しい小説は常に書き続けられてきた! 今改めて振り返る時、そこにはどんな軌跡が浮かぶのか? ついに成る、私たちの「同時代の文学史」。

内容(「BOOK」データベースより)
この五〇年、日本の作家は何を書き、読者は何を読んできたか。「政治の季節」の終焉。ポストモダン文学の時代。メディア環境の激変。格差社会の到来と大震災―。「大文字の文学は終わった」と言われても、小説はたえず書き継がれ、読み続けられてきた。あなたが読んだ本もきっとある!ついに出た、みんなの同時代文学史

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
斎藤/美奈子
1956年新潟県生まれ。児童書などの編集者を経て現在、文芸評論家。『文章読本さん江』で第1回小林秀雄賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

2021/3/25 読了 水野敬也「雨の日も、晴れ男 (文春文庫)」

2021/3/25 読了 水野敬也「雨の日も、晴れ男 (文春文庫)」

雨の日も、晴れ男 (文春文庫)

★1

1回目は2013/7/4

from Amazon site

昔から自分に自信の持てなかった僕は「悩み」や「劣等感」に関する本をたくさん読んできました。しかしこれらの本にはいつも不満がありました。それは、悩みに関する本のタイトルが『これであなたもポジティブになれる!』みたいなものばかりだからです。「こんなタイトルの本が家の本棚にあったら、家に遊びにきた人に僕がネガティブ人間だと思われてしまう……」とか「この本をレジに持っていったらあの可愛らしい店員さんは確実に僕のことをネガティブな人間だと思うだろう……」などと悩み始め、そもそも悩みを解決するために本屋に来たのにここで悩んでる俺って何? という、まさに悩みのデフレスパイラルに陥ってしまうのでした。そこで、いつの日か、持っていても読んでいても恥ずかしくない、「悩み」や「不幸」を癒すことのできる本を書きたいと思っていました。その試みの結晶が「雨の日も、晴れ男」です。幼い神様のイタズラによって、アレックスは不運だらけの一日を送ることになります。会社をクビになり、見知らぬ男に殴られ、詐欺にあい、妻子に愛想をつかされて一人ぼっちになってしまいます。しかしアレックスは持ち前のポジティブさでこれらの不運に立ち向かいます。もしかしたらこの本の序盤ではアレックスの奇想天外な行動を理解できないかもしれません。しかし最後には「悩み」や「不幸」にどう立ち向かっていけばいいのかをアレックスははっきりと示してくれます。この本は、できれば途中であきらめずに最後まで読んでいただけるとうれしいです。

*本書は2005年3月にインデックス・コミュニケーションズから刊行された「バッドラック」を再構成し、改題したものです。

内容(「BOOK」データベースより)
二人の幼い神のいたずらで不幸な出来事が次々起こるアレックス。だが、会社をクビになろうとも、家が焼けようとも、妻子が出ていこうとも、彼は常に他人を楽しませ、前向きに生きていた。その様子を見た二人は、全知全能の神ゼウスの制止を振り切って…。人生で一番大切な事は何かを教えてくれる感動のエンターテイメント小説。
著者について
1976年愛知県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。処女作「ウケる技術」がベストセラーに。三作目の著書「夢をかなえるゾウ」は130万部を超え現在も版を重ねている。作家活動以外にも、恋愛体育教師・水野愛也として、著書「LOVE理論」、 講演DVD「スパルタ恋愛塾[ソフト編・ディープ編]」がある。また、DVD「温厚な上司の怒らせ方」の企画構成・脚本や、漫画「地球くん」の企画・原案を手がける。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
水野/敬也
1976年愛知県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。処女作『ウケる技術』がベストセラーに。作家活動以外にも、恋愛体育教師・水野愛也としての著書がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

2021/3/15読了 柚月裕子「慈雨」 (集英社文庫)

2021/3/15読了 柚月裕子「慈雨」 (集英社文庫)

 

f.2021/3/15
p.2019/8/11

慈雨 (集英社文庫)

★3

from Amazon site

内容(「BOOK」データベースより)
警察官を定年退職し、妻と共に四国遍路の旅に出た神場。旅先で知った少女誘拐事件は、16年前に自らが捜査にあたった事件に酷似していた。手掛かりのない捜査状況に悩む後輩に協力しながら、神場の胸には過去の事件への悔恨があった。場所を隔て、時を経て、世代をまたぎ、織り成される物語。事件の真相、そして明らかになる事実とは。安易なジャンル分けを許さない、芳醇たる味わいのミステリー。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
柚月/裕子
1968年岩手県出身。2008年「臨床真理」で第七回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞しデビュー。13年『検事の本懐』で第十五回大藪春彦賞を、16年『孤狼の血』で第六十九回日本推理作家協会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです。

 

2021/3/8 読了 柳川範之「東大教授が教える独学勉強法」 (草思社文庫)

2021/3/8 読了 柳川範之「東大教授が教える独学勉強法」 (草思社文庫)

 

★4
f.2021/3/8
p.2021/3/5

from Amazon site

 テーマ設定から資料収集、本の読み方、情報の整理・分析、成果のアウトプットまで。高校へ行かず通信制大学から東大教授になった体験に基づく、今本当に必要な学び方。

勉強に対する考え方が劇的に変わる!「挫折した」「続かない」すべての人へ。高校へ行かず通信制大学から東大教授になった著者による、今本当に必要な学び方 。ベストセラーとなった独学勉強法がついに文庫化!

いきなり勉強してはいけない。まず、正しい「学び方」を身につけよう。勉強は中身だけではなく、どうやってするものなのか、という学び方をもっとマスターする必要があります。本書は著者の長年にわたる独学経験に基づき、「自分で目標を見つけ、問いを立て、集めた情報や知識を自分の中に落とし込みながら考えを深め、それを現実に応用していく」という勉強の全工程について、具体的なやり方を体系的にまとめたものです。

内容(「BOOK」データベースより)
いきなり勉強してはいけない。まず、正しい「学び方」を身につけよう。勉強は中身だけではなく、どうやってするものなのか、という学び方をもっとマスターする必要があります。本書は著者の長年にわたる独学経験に基づき、「自分で目標を見つけ、問いを立て、集めた情報や知識を自分の中に落とし込みながら考えを深め、それを現実に応用していく」という勉強の全工程について、具体的なやり方を体系的にまとめたものです。

著者について
柳川範之
1963年生まれ。東京大学経済学部教授。中学卒業後、父親の海外転勤にともないブラジルへ。ブラジルでは高校に行かずに独学生活を送る。大検を受け慶応義塾大学経済学部通信教育課程へ入学。大学時代はシンガポールで通信教育を受けながら独学生活を続ける。大学を卒業後、東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。経済学博士(東京大学)。現在は契約理論や金融関連の研究を行うかたわら、自身の体験をもとに、おもに若い人たちに向けて学問の面白さを伝えている。主な著書に『法と企業行動の経済分析』(第50回日経・経済図書文化賞受賞、日本経済新聞社)、『契約と組織の経済学』(東洋経済新報社)など。

 

2021/3/7 読了 村上春樹「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」文藝春秋

2021/3/7 読了 村上春樹色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年文藝春秋

 

★4

from Amazon site

 良いニュースと悪いニュースがある。多崎つくるにとって駅をつくることは、心を世界につなぎとめておくための営みだった。あるポイントまでは…。

 

2021/2/28 読了 白石一文「火口のふたり」 (河出文庫)

2021/2/28 読了 白石一文「火口のふたり」 (河出文庫)

 

★4

from Amazon site

 内容(「BOOK」データベースより)
結婚式を控えて、従兄の賢治と久しぶりに再会した直子。しかし彼は、かつて快楽のすべてを教わった、直子の初めての男でもあった―。挙式までの五日間、理性と身体に刻まれた記憶の狭間で、ふたたび過去へと戻っていくふたり。出口の見えない、いとこ同士の行きつく先は?恋愛小説の名手・白石一文が描く、極限の愛。

著者について
1958年福岡県生れ。文藝春秋勤務を経て、2000年『一瞬の光』でデビュー。09年『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』で山本周五郎賞、10年『ほかならぬ人へ』で直木賞受賞。近著に『翼』『幻影の星』。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
白石/一文
1958年福岡県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。文藝春秋勤務を経て2000年『一瞬の光』でデビュー。2009年『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』で山本周五郎賞、2010年『ほかならぬ人へ』で直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)